てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

2017年02月の記事一覧

2次性全般化発作などの発作、効かない薬からラメズに

てんかんの発作が起こると、日常生活で多くの支障をきたしますので、この症状を和らげる必要があります。
まず、てんかんの発作の種類ですが、部分発作と全般発作の2種類が存在します。部分発作は脳内の一部が電気的な興奮状態になり、発作を起こすようになります。全般発作は、脳の多くの部分で電気的な興奮状態になり、発作するものです。
部分発作の中でも、種類が分類されています。単純部分発作は本人に意識がある発作で、起こったことを覚えています。
複雑部分発作は、意識が少しずつ薄れる特徴のある発作で、その時の記憶が曖昧になることがあります。
特殊な種類として、2次性全般化発作というものが存在します。単純部分発作や複雑部分発作がまず起こり、その後に強直間代発作へと移行します。脳全体に電気的な興奮が発生する、全般発作に変化するという特徴があります。意識が消失するため、意識障害が発生しやすくなります。
てんかんの発作を和らげる医薬品には、優れたものが多数存在しますが、個人差によってよく効くもの、効かないものがありますので、今使ってる薬があまり効かないと感じたなら、ラメズに切り替えるのも有効です。
ラメズは日本ではまだ認可されていない医薬品ではあるものの、海外では普通に使われています。てんかん治療薬で有名な先発医薬品のジェネリック医薬品ですので、機能的な問題はありません。同じ成分で製造されているからです。
また、ジェネリック医薬品という特長を活かし、安く入手できるというのも魅力です。日本で認可はされていませんが、ネット通販の感覚で個人輸入の代行業者を利用すれば、割と簡単に入手できます。しかし、使用の前には、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

続きを読む