てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

2016年12月の記事一覧

ラメズと常時とアンモニアについて

高アンモニア血症の養生は、意識障害やてんかん発作の引き金になることがあります。てんかんの患者は、採血でアンモニアもチェックする必要があります。てんかんの症状は脳の神経細胞が興奮して身体に伝わり、けいれん発作のような異常な筋肉の動きなどが出てきます。ですが常時、抗けいれん剤を飲むものでもありません。

ラミクタールのジェネリック医薬品がラメズであり、双極性障害の症状や躁うつ病緩和のために飲んだり、てんかんの発作を予防するためにも使われます。けいれんなどの意識障害を発症する、てんかんを治療するための医薬品として、アイルランドで誕生をしたお薬です。

内容は先発医薬品と同じ成分なので、服用をしても効果はあまり大きな差がないものです。それでいて先発医薬品よりも価格は安いので、購入に関してはお財布には優しいです。

てんかんの発作の予防のために、効果を持っている医薬品です。新薬の特許期間が切れて、他社が製造する後発医薬品がジェネリック医薬品です。多額の開発コストがかかるのが新薬ですが、ジェネリックは後発品ですので、開発コスト自体を低く抑えることができます。それは、お薬の価格を安くすることにもなります。

お薬の飲みにくさなども解消されて販売されるのが、ジェネリック医薬品の良いところでもあります。改良が加えられて、飲みやすくて低価格なのがジェネリック医薬品のメリットにもなります。

部分発作に対して効果を発揮することを得意とするのが、ラメズの強みでもあります。全般発作や大発作も抑えることができますし、別の抗てんかん薬との併用も可能であり、てんかん発作をパワーアップして抑えることができます。1日1回に、25mgを2週間、最初は服用するようにします。

続きを読む