てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

2016年10月の記事一覧

ラメズと後頭葉とアレルギーについて

後頭葉てんかんについて、成人では側頭葉てんかんが多くて、その次に多いのは前頭葉てんかんです。後頭葉てんかんは、成人においては比較的少ないです。 後頭葉というのは視覚をつかさどるパーツです。後頭葉てんかんの発症は、視覚発作の発作症状になります、目の前に光が見える、そういった症状が多いです。

小児においては、喘息やアトピー性皮膚炎などの有無とてんかんの既往とは、関連しているものです。アレルギー性疾患の数が増加をすると、てんかんの有病率も高まることがわかっています。

てんかんを治療するための医薬品として、ラメズの医薬品を利用することができます。これはラミクタールのジェネリック医薬品であり、費用も後発品で安いために出回るようになりました。お薬の効用として、てんかんや双極性障害の憂うつ状態の発作を抑える働きがあります。躁うつ病の再発させないように、働きかける作用もあります。

ラメズのお薬の服用にあたっての注意事項は、その副作用でしょう。医薬品の服用によって、眠気を感じることがありますので、外出時などにも要注意です。お薬の成分によって吐き気を感じることもありますし、発疹などが起こることも考えられます。

ラメズなどのお薬は海外ではすでに、多くの治験を行っている商品です。しかし日本国内においては、一般の病院などでの取り扱いはないので、個人輸入からの購入ルートが一般的です。ラミクタールの場合の増量は、2週間ごとに薬の量を増やしていくタイプとなります。最初は少量から始めていき、医薬品の服用で量を増やしていって、体調が悪いことが続くようであれば、量の増量はやめて一旦服用を中止して、病院で相談をする必要も出てきます。

続きを読む