てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

2016年08月の記事一覧

ラメズとにおいとnmda受容体について

nmda受容体というのは、グルタミン酸受容体のひとつになります。構成は、NR1及びNR2サブユニットです。グルタミン酸によるアルツハイマー治療薬として、nmda受容体の拮抗薬が使われることになります。

てんかんの発作が起こる前には、前兆と感じられる症状があります。手足の感覚が鈍くなって痙攣を起こしたり、手足に冷たさを感じたりもしますし、逆に熱く感じることもあります。嗅覚では焦げ臭いにおいがしたり、不安が強くなったりドキドキしたり、胃腸がゴロゴロとしてきたり、脈拍が早くなることもあります。てんかん発作の前には、頭痛やめまいを感じやすくなります。

ラメズ100mgは、てんかんや双極性障害の治療薬である、ラミクタールのジェネリック薬品です。メインの有効成分であるラモトリギンの成分は、双極性障害における気分安定薬として、躁うつの再燃などの治療薬としても使われています。

ラメズは抗てんかんや抗躁うつ有効成分を、医薬品に配合しています。そのため服用によって、同様の効果を得る事になります。ラメズはジェネリック医薬品であるために、個人輸入での入手の場合は医師の処方箋は必要なく、ラミクタールの嫌k品よりも安価で購入をすることはできます。

ラメズはラミクタールのジェネリックであり、医薬品ですので副作用もあります。重い皮膚症状としては、発疹や発赤、喉に痛みを感じることもあります。唇や口内にただれが見られたり、目の充血などを感じることもあります。粘膜や昼に異常が起きた時には、病院へ行きましょう。

過敏症症候群や喉の痛み、口内炎や発熱、だるさを感じたりすることもあります。飲み始めには吐き気を感じやすく、発熱や眠気や下痢、食欲不振になることも考えられます。

続きを読む