てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

2016年07月の記事一覧

てんかんの再発率を抑えるラメズは毎日服用する薬

てんかんは脳神経が異常な興奮をするために起こる慢性の病気で、さまざまな原因が考えられます。症状も人によって異なり、軽いけいれんや意識消失から、異常行動や感情の変化が見られることもあります。発作の前には多くの場合、不安感や不快感などの前兆があります。発作は薬で予防できますが、いつ起きるか分からないので、定期的に服用する必要があります。自己判断で不規則に使用すると、かえって再発率が高くなる場合もあるため、十分な注意が必要です。
抗てんかん薬のひとつにラメズがあります。これはインドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品です。ジェネリックは先発薬と同じ成分でできているため、効力や安全性については検証済で、安心して服用することができます。しかも特許料などの経費が必要ないため、薬価が安くなるというメリットがあります。毎日使用する薬は、費用の負担が大きくなりがちなので、安価なジェネリックに切り替えるという方法もあります。自分の症状に合っていれば、効果的に再発率を抑えられるでしょう。またラメズは双極性障害の治療にも有効とされています。いわゆる躁うつ病の改善に用いられますが、急性の症状には効き目が薄く、基本は予防のために定期服用することになります。
ラメズは日本の厚生労働省には認可されていないため、保険適用では購入できません。ただし自分で使う分量だけを、個人輸入で購入することは合法です。他人に知られたくない場合にも、個人輸入が役立ちます。なお大量に輸入して第三者に販売することはできません。また万一副作用による健康被害を受けても、救済制度が適用されないため、あくまで自己責任で利用しなければなりません。

続きを読む