てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

ラメズと水泳と将来的な問題について

てんかんは、誰もが突然発症する可能性がある病気です。
日本では、100万人以上、世界では5000万人以上の患者がいます。
てんかんは、繰り返し発作が起こります。
発作が1回だけの場合は、てんかんとは言いません。
発作には、部分発作と全般発作があり、人によって様々な症状が出ます。
てんかんは、薬物治療を行うことで、普通に生活することができ、仕事も運動も可能です。
しかし、突然意識をなくすことがあるので、水泳を行う時は注意が必要です。
てんかん患者は、将来の仕事について心配する人も多いのですが、最近は、てんかんに対する理解も深まっているので、職業の選択肢が広がっています。
抗てんかん薬のラメズは、脳神経の興奮を抑え、てんかんの発作を防ぎます。
ラメズは単独でも使いますが、効果をさらに高めるために、他の抗てんかん薬と併用することも可能です。
ラメズは、双極性障害にも使われます。
双極性障害は、躁うつ病とも呼ばれ、躁状態とうつ状態を繰り返す病気のことです。
双極性障害は、再発率が高いことが特徴で、治療は長期にわたることが多いです。
ラメズを服用した場合、皮膚障害が出ることがあるので、口内炎や発疹などには注意が必要です。
肝臓が悪い人は、薬の排出が遅れることがあるので、薬を服用する間隔と使用量に配慮する必要があります。
また、他の抗てんかん薬を服用してアレルギーが出たことがある人は、医師に相談してアドバイスをもらった方がいいです。
ラメズは、相互作用を起こしやすいので、持病を持っていて薬を服用している場合は、医師に報告しておきます。
ラメズを服用中は、定期的に検査を受けて、効き目のチェックを行うことも大切です。
てんかんの発作がなくなった場合でも、自己判断で服用を止めると、重い発作が起こる可能性があります。