てんかんを抑えるにはラメズがいい?

てんかんを抑えるにはラメズがいい?

ラメズとは、てんかん発作を予防するラミクタールのジェネリック薬品です。発作の中でも部分発作に高い効果を発揮し、大きな発作なども抑えることができるのと、他の抗てんかん薬と併用することで、てんかんの発作を予防できるのが特徴です。

ラメズは正規の医薬品ラミクタールと違いはあるのか?

ラメズには、てんかん発作を予防する効果や双極性障害のうつ症状を抑制する効果がありますが、正規の医薬品であるラミクタールとはどんな違いがあるのでしょうか。てんかん発作とは、脳の神経細胞が何らかの理由で興奮状態になることで、痙攣を起こしたり意識を失ったりなどの発作を引き起こすことです。てんかん発作の治療には、抗てんかん薬の服用が有効とされています。そして、ラメズは脳の興奮状態を鎮静化させて痙攣などの発作を抑える働きがあるため、てんかん発作の治療薬として用いられています。ラメズの最も大きな特徴は、ラミクタールのジェネリック医薬品であるという点です。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が切れた後に他社が製造する後発医薬品のことです。新薬と同じ主成分で製造されますが、新薬よりも安価で提供されています。新薬には開発コストがかかっていますが、後発であるジェネリック医薬品はその分開発コストが抑えられているため、比較的安く提供することができるのです。そして、ラメズの主成分はラミクタールと同じラモトリギンですが、ジェネリック医薬品であるため、ラミクタールよりも比較的安く手に入れることが出来るのです。また、後発であるジェネリック医薬品は、新薬にあった「飲みづらい」などの使用感のデメリットを改良が加えられるというメリットがあります。つまりラメズはラミクタールと同じ成分であり、有効性や安全性も同等であるだけでなく、さらに低価格で改良も加えられているのです。ただし、ラメズには、眠気やめまいや頭痛や吐き気などの副作用が現れる可能性がありますし、服用中の車の運転は大変危険です。医師に指示のもとで用法用量を守って服用しましょう。

てんかん治療にラメズはどのような働きをする?

ラメズはてんかん発作の治療薬です。てんかん発作が起きる原因は、大脳の神経細胞にあります。本来は大脳の神経細胞は、興奮と抑制をバランスよく調和させて電気的に活動していますが、何らかの原因でそのバランスが崩れると興奮状態が起こり、全身を痙攣させたり、手足が硬直したり、突然意識を失うなどのてんかん発作が引き起こされるのです。そんなてんかん発作の治療に効果的なのがラメズです。ラメズはてんかん発作の予防だけでなく、双極性障害のうつ症状の改善にも効果を発揮する治療薬です。てんかんの治療薬として使用されているラミクタールのジェネリック医薬品として作られました。ジェネリック医薬品とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が製造して安価で提供することです。つまり主成分は一緒なので、ラメズもラミクタールと同じ有効成分が配合されていますし、値段はラミクタールよりも安く手に入るのです。ラメズの有効成分のラモトリギンには、興奮を引き起こす脳の神経伝達物質の遊離を抑制させる働きがあります。脳神経が興奮状態に陥るのを抑制させることが出来るので、その結果、痙攣などのてんかん発作を予防する効果が見られるのです。ラメズは、てんかん発作の中でも特に部分発作に高い効果を発揮し、他のてんかん治療薬と併用することであらに予防効果を高めることもできます。ただし、めまいや発熱や発疹や眠気などの副作用も存在するので、服用する際は注意が必要です。特に運転をする人は注意が必要ですし、自己判断で服用を中止するのも危険です。身体に少しでも変調を感じることがあったら医師に相談し、用法用量を守って服用する必要があります。

ラメズの副作用を服用する前にしっかりと理解しよう!

てんかんは、突然痙攣を起こして身体が硬直したり、意識を失うような発作を起こす病気ですですが、100人に1人は発症すると言われており、決して珍しい病気ではありません。てんかんの原因は、脳の神経細胞に突然激しい電気的な乱れが生じて興奮状態になる慢性の脳疾患です。ラメズはてんかん発作の予防や双極性障害に効果を発揮する治療薬です。ラモトリギンを主成分としているジェネリック医薬品であるため、価格も安く提供されているのが特徴です。ラモトリギンという成分の働きで、脳の神経細胞の電気的な乱れを抑えて興奮状態を抑制する効果があります。ラメズを摂取することによって、痙攣などのてんかん発作を抑制することが出来るのです。しかし、一つ問題があります。それは、ラメズには副作用が存在するということです。主な副作用は、めまいや眠気や発熱や吐き気やだるさなどですが、その他にも、発疹や発赤や、唇や口内のただれや、目の充血やのどの痛みなどの皮膚症状が現れることもあるので、その場合は専門に医師に相談することが大切です。これらの症状をそのまま放置すると、重い皮膚障害へと発展する恐れもあります。また、臨床検査では、肝機能値に異常が見つかることもあります。しかし、定められた使用方法と服用量をきちんと守っていれば、これらの副作用の発症頻度は少ないので、心配する必要はありませんが、その時の体調や体質によっては副作用が出やすいこともあるので、自覚症状がある時は、すぐに使用を中止して医師の診察を受けて、指示に従って服用量の調節をしましょう。そして、ラメズを服用中は、眠気やめまいの副作用が見られることもあるので、車の運転はできるだけ避けましょう。